管理人が実際に使用して効果のあった抑毛、除毛剤

子供の為の抑毛ジェルや除毛クリーム選びで最も気を付けたのは、

きちんと効果が上がるか

子供に使用しても問題ないか

肌荒れなど肌を傷める原因にならないか

の3点を特に注意して選んでいます。どうぞ参考にされて下さい。

 

除毛と抑毛の違いを知りたい方はこちら
ムダ毛を上手に抑毛する方法
子供のムダ毛処理で気を付けてあげたいこと

 

もしも効果が感じられない場合

コントロールジェルMEと鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳シリーズには、万一効果が感じられなかった場合などに返金に応じてくれますので安心してお試しください。

おすすめの抑毛剤

フラワーエピソード コントロールジェルME


発売から16年、累計販売数43万本というロングセラー商品ですが意外と知られていない?!公式ホームページを見ればわかるように、子供や肌が敏感な方に特化した抑毛ジェルです。特長は、無香料と無添加。肌への攻撃性の少なさと安全性を徹底して追求しています。抑毛ジェルなので、すぐにつるっとは行きませんが確実に毛を目立たなくしていきます。安全で効果の上がるということを優先するなら、この商品以外の選択肢というのは多くないと言えます。

コントロールジェルMEの詳細

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローション


抑毛剤の定番ですが効果的です。鈴木ハーブ研究所は除毛剤もとても効果的ですがこちらは抑毛剤ですので間違えないようにして下さい!肌に優しい成分と、毛のたんぱく質を分解させるパイナップルエキスが独自配合されています。もしお子さんがアトピーやアレルギー、敏感肌なら無添加のコントロールジェルをおすすめします。

パイナップル豆乳ローションの詳細へ

Dr Takahama ネオ豆乳ローション


医大の教授が研究を重ねて開発された豆乳抑毛剤の元祖です。豆乳ベースなので肌に優しく、有効成分である豆乳イソフラボンが毛穴に浸透し、ムダ毛の成長を遅くしながら細く、抜けやすい毛にしていきます。

ネオ豆乳ローションの詳細へ

おすすめの除毛剤

パイナップル豆乳除毛クリーム


肌に優しい除毛剤として子供から大人まで幅広い年齢層に利用されています。除毛クリーム特有のいやな臭いも少なく、ムダ毛のみに働きかける成分を多く含有させることにより短時間で処理し、肌への攻撃性も最小限に抑えています。簡単につるつるになってしまいますので、まずはお母さんかお父さんで試してみて、お子さんと話し合って使ってみるのをおすすめします。完全な無添加、無香料ではない為、アトピーやアレルギー、敏感肌の場合は無用なトラブルを防ぐためにパッチテスト※を行って下さい。
※パッチテストとは、皮膚の薄い部分に少量塗布し、24時間後の反応を見る検査です。

パイナップル豆乳除毛クリームの詳細

 

参考リンク
背中ニキビの原因

 

子供のムダ毛を解消する選択枝について

当サイトの管理人について・・・
小学生と幼稚園通いの子供がいるのですが、下の子のお迎えの時、「毛深い」ことを友達に指摘されているところを偶然にも見てしまい急にいろいろなことが心配になってしまいました。友達にからかわれたりいじめられたりしないだろうか・・・。それからというもの「子供のムダ毛」を改善する為にいろいろな情報を探しているうちに「除毛」「抑毛」という言葉を知り、実際に毛深い子供を持つ親としての悩みが解消されるまでに感じたことをまとめました。参考になれば幸いです。

子供は親に「毛深い」ことがコンプレックスになっていることを言ってきません!

子供のムダ毛処理の悩みは、実はとても繊細な問題であると、後々に気付きました。
子供の成長段階や環境によって悩みの深さ、対処法も変わるという事を子供たちから教えられました。

 

あくまでうちの子の場合ですが、幼稚園の下の子が友達に
「毛がいっぱい〜」みたいな感じで言われていたのを
聞いた私は、小学校に通っている上の子にも聞いてみました。すると、こんな答えが返ってきました。

 

「友達にはなんも言われへんけどやだ」と。

 

そもそも上の子は、一番毛深い部分が背中だったので、あまり気付かれなかったのかもしれません。
口には出さなかったけど、もしかしたら着替えの時とか隠すように気を遣っているのかな、と考えたら
とても申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

私が子供に脱毛器を使わなかった理由

毛深い子供について調べる日々・・・

今のうちになんとかしなければと考えた私は、それから本やネットを使っていろいろ調べる毎日が続きました。
そうすると他にも子供がムダ毛について悩んでいる親御さんの多さに驚きました。
そしてこの悩みを解決する方法としての選択肢が以下の3つでした。

 

・脱毛器を使用する
・エステで永久脱毛処理する
・除毛クリーム、抑毛ジェルで処理する

 

まずエステで永久脱毛するという選択肢については、費用面もありますが、
上の子については男の子だったのでつるつるになってしまったら逆にまずいだろと即刻却下しました。

 

脱毛器については、今や家庭用としても十分高性能なものが安価に手に入る時代となりましたが、
脱毛器を私は選びませんでした。

 

その一番の理由は子供のメンタル面への配慮でした。親の行き過ぎた勘繰りかもしれませんが、
子供が見た事のないような機械でムダ毛を処理することで子供たちは自分の身体が
「異常」なのではないかと不安がると思ったのです。

 

 

確かに今は、毛深いことでからかわれたりいじめられたりするのを避けたいというのは事実です。
子供たちの世界です。何が起こるかわかりません。

 

ただ、、毛深いことだってその子の持っている個性です。その個性を今この時期に
親の手で摘んで良いのかと思い、子供に脱毛器を使う事になんとなく違和感を覚えました。

 

もし将来、子供たちがもっと大きくなって、自分たちがムダ毛だと思って本当にいやならやればよいと
思いました。子供たちに選ばせれば良いのです。
もしかしたら遺伝子レベルで対処できるようになるかもしれませんね。

 

以上の理由から私は除毛クリーム、抑毛ジェルを我が子に使うことを選びました。



このページの先頭へ戻る